新規集患・増患・WEB集客・ホームページ制作・チラシ広告・イベント|クリニック・病院、歯科医院・歯医者、整骨院・接骨院、鍼灸院
既存客集客・リピート率向上|クリニック・病院、歯科医院・歯医者、整骨院・接骨院、鍼灸院
単価UP・自費メニュー開発|クリニック・病院、歯科医院・歯医者、整骨院・接骨院、鍼灸院
社員教育研修・チームビルディング研修|クリニック・病院、歯科医院・歯医者、整骨院・接骨院、鍼灸院
新規集患・増患・WEB集客・ホームページ制作・チラシ広告・イベント|クリニック・病院、歯科医院・歯医者、整骨院・接骨院、鍼灸院
既存客集客・リピート率向上|クリニック・病院、歯科医院・歯医者、整骨院・接骨院、鍼灸院
単価UP・自費メニュー開発|クリニック・病院、歯科医院・歯医者、整骨院・接骨院、鍼灸院
社員教育研修・チームビルディング研修|クリニック・病院、歯科医院・歯医者、整骨院・接骨院、鍼灸院

クリニック・病院、歯科医院、整骨院・接骨院、鍼灸院・・・医療系に特化したコンサルティング会社「株式会社ウィズメディカルサービス」です。WEB集患・増患、SNS集客、ホームページの医療広告ガイドライン対応、チラシ・テンプレート、イベント、顧客ファン化、単価UP方法、チームビルディング研修など、オールインワン・サポートで貴院の売上アップに貢献致します。

整骨院・接骨院・鍼灸院
株式会社ウィズメディカルサービス

 整骨院・接骨院・鍼灸院様に是非、ご覧になって頂きたい最新情報を医療系専門コンサルタント会社「株式会社ウィズメディカルサービス」がご提供させて頂いております。集患・増患・集客、単価UP、スタッフ研修など、経営のお役に立てるNEWSを配信して参ります。

整骨院の今後生き残っていく院と消えていく院との違いは?


医療系ホームページ作成・集客専門コンサルタント

株式会社ウィズメディカルサービス/時代に置いて行かれる整骨院

 

 

いよいよあと少しで新しい時代の幕開けがきます。

私自身も、「昭和」「平成」と2時代を生きてきましたが、こんなにも時代が変わる瞬間のことを意識するのは今回が初めてです。

 

そんな中で次の時代のことを今までより、より深く考えてしまうのです。

昭和初期は戦争がまだありとても大変な時代・・・かと思えば、戦後からは今の日本の礎を作ってきてくれた先人たちのお陰で高度経済成長期に入り、とても豊かな国になりました。

平成は災害が多いと言われた時代でした。教育現場ではゆとり教育が取り入れられ、現代でも20代で働く意欲が小さな方に対しては「ゆとり」と呼ぶ風習が残っています。

 

次の時代は「令和」

【一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたい】

そうした意味がある元号。とても素晴らしい意味を持ち次の時代も頑張らねば!と気持ちを新たにさせてくれる元号です。

 

では実際に一人一人が花開く時代となるためには何が必要なのでしょうか?

 

もくじ

・何もしなくても次の時代はやってくる

・新しい時代とはどんな時代?

・今後生き残っていくためには

・医療業界で時代の変化に対応していくためには

・ネット戦略はいつからはじめればいい?

・自院のホームページの現状を知るためには

・弊社の実績

・ご注意

 

 

何もしなくても次の時代はやってくる

まず事実を認識するところから始めましょう。

 

昭和にしても平成にしてももちろんその前の時代もこれから先の未来もずっと、こちらが「待って!!」と思っても言葉にしても時代が変わる時の流れは待ってくれません。

そうです。必ず5月1日には「新しい時代がやってきて」「今までの時代は終わる」という【事実】があります。

 

    1. 気づかない
    1. 気づこうというアンテナを立てない
    1. 気づいてきたけど次の行動に出ない
    1. 気づかないふりをして自分流を通す

 

このように思う方が半数を超えて実在します。

特に一番下は厄介です。時代の流れを自分の世界とは別次元のものとして捉え、世間から自分の世界だけを切り取り、自分流の流儀を押し通してしまっているのですから・・・。

 

でも次の時代そんな人たちは淘汰されていきます。

今後生き残っていく整骨院とは上記とは反対のことをしていく整骨院と言えるでしょう。

ウィズメディカルサービス 整骨院の今後生き残っていく院と消えていく院 何もしなくても次の時代はやってくる 現状維持を好むという写真

現状維持を好む医療業界。変化の対応に弱いと致命傷。

 

 

新しい時代とはどんな時代?

世界は急速にAI化していっています。先日こんなことがありました。

 

仕事の知り合いの人とお店で飲んでいた時のこと。

「あっちょっと待って。タイムラインだけあげていい?」そういってその人は私たちと会話をしながら携帯をコチコチ。。。コチコチしながらもこちらの会話に入っては文章を打つ手は止まったり、進んだり。そうしている内に会話の方が弾み、コチコチしている手はピタッと止まっていました。

 

でも携帯をみると文章がきっちり入れられています。。。?

「あれ?笑」

そこにはAIアシスタント【シリ】さんが丁寧にも今会話していた内容を正確にタイムラインに文章として入力してくれているではありませんか。

 

その正確さは方言をもろともしない見事な関西弁でした。

何を言いたいかというと、今まで文章を打つことを仕事としてきた人にとっては、打つ必要がなくなるのですからその人の仕事はどんどん無くなっていく・・・という未来が見えますよね?

 

医療の世界も少しづではありますが、【ネット診療】が普及してきており、患者様がわざわざ病院までいかなくても医療を受けれる時代になってきています。

 

今薬でも処方箋がないともらえない薬と、自分の意志で買える「第一回医薬品」と「第二医薬品」があるように、軽度の症状であれば簡単な問診を入れるだけで今までは病院でしかもらえなかった処方箋がもらえたり、直接自分に合った薬がポンっと出てくる機会が街のあちこちに設置される。。。なんて時代もとても便利でいいですよね。

 

医療の世界は大丈夫。そう高をくくっている方々が今後時代の変化とともにどのようになっていくのか。実際にはなってみないと分かりませんが、自分の世界観にとらわれている以上いつかは時代に取り残され気が付けば患者様はいなくなっている・・・ということに。

 

だって時代とともにAI育ちの若者が増えてくるんですから。。。

 

 

今後生き残っていくためには

今までもそうだったように、これからも物事は常に移り変わっていきます。

昭和・平成・戦国時代・日本・外国。どこにいてもどの時代でも【変化】は起こっています。この瞬間にも。

 

今後生き残っていくクリニック・歯科医院・整骨院・鍼灸院になるためには、

・その事実をまずは受け入れること

・世間の変化にアンテナを張ること

・素直になること

 

変化に対する対応力

 

これが一番のカギだということは断言できるでしょう。

 

そこにあるのは変わらないただ一つの事実なんですから。。。

 

 

医療業界で時代の変化に対応していくためには

その足掛かりとしてインターネットです。

 

インターネットは今では小学生でも扱えるものになってきています。

興味を惹かれる物にはどんどん勝手にアクセスしていきます。そして、今後医療業界も集客の主流はネット集客に移行していくでしょう。そんな子供が大人になっていくのですから。

 

今ホームページを持たない所はどんどん患者様をネット経由で近隣の院に取られていき、廃業に追い込まれる。。。そんな時代もそう遠いものではないでしょう。

そしてホームページで集客できるのも1ページ目表示を許された名誉ある10院のみです。

その10院に入り続けること。これがこの先の未来残り続けることのできる院といっても過言ではないでしょう。

 

 

ネット戦略はいつからはじめればいい?

一日でも早い方がいいです。

 

そして検索エンジンも日々アップデートが繰り返されています。

 

・1ページ表示だったのに気が付けば圏外に飛ばれている

・自分で手作りで作った

・ホームページ会社に作成してもらったが、半年たってもページ表示が上がっていかない

・SEO会社に頼んでいるが、半年たっても全く効果が出ない

・ホームページ集客数ゼロ

・2ページ目以降に表示される

・リスティングのみに頼っている

 

上記に1つでも当てはまる人は次の時代消えていく院になる可能性は高いです。

次の時代に生き残っていくためには後手に回ることなく、【今】動き始めなければいけません。

 

ネット戦略をするなら今!令和の時代生き残るため、変化に対して自らが行動をおこすべき。そのスタートが遅れれば遅れるほど致命傷に。

 

 

自院のホームページの現状を知るためには

実績のあるプロに頼むことです。

ポイントは【実績のある】という所です。SEO会社に頼んでいるから。と中には効果が全く出てもいないのにいつかは。。。と半年、1年とずっと効果の出ないホームページに頑なに次の手を打とうとしない方が沢山いらっしゃいます。

 

「制作費に○○かかったから」といって何も生み出さない物に更に毎月のサーバー代や管理費を払う始末。こんな話は日常茶飯事です。

そのホームページには○十万かけて作った価値ははたしてあるのでしょうか?

全くありません。そこには「○十万かけて作ってもらったが、半年たっても効果はない」という事実があるのですから。

 

その事実を素直に受け止め、1日でも早く次の手に出ないとその○十万かけた経費を丸々捨ててしまうことになる可能性も出てきます。

 

今全く検索に上がってこないホームページも検索上位に持ってくることは可能です。

その為には1日でも早くプロに相談してみてください。

 

 

弊社の実績

弊社はただホームページを作るだけのホームページ作成会社ではありません。

弊社が求めるものは、お客様の求めるもの「どうなりたいか」を商品にしています。ただ、お客様が「ホームページを作ってほしい」という依頼・・・これはお受けすることはできません。

 

なぜなら「ホームページを作って何を成し遂げたいのか」ではないからです。

ただ作るだけなら他社様でも様々な素敵なデザインで作ってもらえるでしょう。ぜひ他社様にお願いしてください。

 

ですが。。。

 

本気でホームページからの集客を伸ばしたい

地域NO1になるために最強の営業マンとなるホームページを作ってほしい

必ず○○のキーワードで検索1番をとりたい!!

 

という思いのある方のみ、ご依頼をお受けいたします。

弊社は確実に結果が出るまでお客様とWITH(一緒)に戦います。

 

ホームページ戦略で次世代に残る院になりたい方。

初回ご相談は無料です。

 

 

 

ホームページ戦略に関するご相談・分析依頼などは

https://with-medical-service.jp/web/

 

 

その他何でも相談室

集客ではなく受け入れ態勢に困っている

スタッフの指揮を上げたい

院全体のブランディングをしてほしいなどは

ホームページ無料診断・お問い合わせ

 

ご注意

*ホームページ戦略は地域の中でのご依頼の受注数には限りがあります。顧客様の近隣店舗様のネット戦略はできません

ご依頼は先着順とさせて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


株式会社ウィズメディカルサービス
公式HP https://with-medical-service.jp/
FACEBOOK 公式FACEBOOKページ
電話 0725-92-6222 FAX 0723-44-5456

携帯 090-2044-2777(担当・澤尾)
mail whizu1101@gmail.com

 


最新記事からまとめ読みする


MEO&SEOでクライアント様喜びの声


MEO マップ検索 急上昇 株式会社ウィズメディカルサービス 医療コンサルタント会社 大阪今日はクライアント様の喜びの声をあげさせてもらいます。

 

皆さま

 

貝塚 整骨院

でGoogleで検索してみてください。

 

地図も上位3番以内でホームページも1ページ目まで上がるようになりました!!

 

そして、流石の効果がさっそく!!

ラインでの問い合わせ

予約、新規獲得が急激に伸びつつあります。

 

クライアントさまにご了承を得たのでご案内

 

貝塚 一番流行っている 整骨院

 

上記クリックしていただけますとネット戦略を提案した成果が見ることできます。

ネット戦略 ウィズメディカルサービス

ではこの店舗の半径500メートルの同業のサポートはお受けすることができません。


株式会社ウィズメディカルサービス
公式HP https://with-medical-service.jp/
FACEBOOK 公式FACEBOOKページ
電話 0725-92-6222 FAX 0723-44-5456

携帯 090-2044-2777(担当・澤尾)
mail whizu1101@gmail.com

 


最新記事からまとめ読みする


整骨院・鍼灸院で起こってしまうクレーム対応の基本


医療系ホームページ作成・集客専門コンサルタント

 

治療院 クレーム 相談 株式会社ウィズメディカルサービス 医療コンサルタント会社 大阪株式会社ウィズメディカルサービス/整骨院・鍼灸院でやってしまいがちなクレーム処理の罠

 

日々の業務の中で様々な人に対してなんらかのサービスを提供していると起こってしまうのがクレームです。

 

クレームとはサービスに対する苦情をさすだけでなく、不当な強迫要求のに対してもこの言葉を使うために表現の仕方と言葉の意味の取り方次第ではお客様側の前でこの言葉を使うことは控えたほうが良い言葉です。

 

今回のクレーム=今回のご指摘、または問題についてという言葉にお客様に対しては置き換えて表現することが望ましいですね。なかには文句を言っているだけの人と思われているように感じてより問題が悪化するケースもあります。

 

人は窮地に陥ると本性を現すと言われるように仕事の現場におけるクレーム発生はまさに仕事場における窮地です。

このときやりがちなことはとにかく早くその場を収めようとすぐ謝ることです。

 

謝るのが何がわるいの?

そう思われた方はクレーム対応力が低いかもしれません。

まず、何について謝るべきなのかを理解することが大事です。

意味のない謝罪は相手にもお見通しです。

謝れば済むと思ってるの?なんてことになりかねません。

 

なぜご指摘を受けるのか?

なぜ不満を持たれてしまったのか?

なぜ不快に感じてしまったのか?

原因をしっかりと理解した上で謝ることが必要です。

 

以前、私自身が店員さんとのやりとりで不快に感じて問題点を指摘したことがあります。その最中に奥から出てきた責任者が出てこられた早々に「大変申し訳ございません」と深々と頭を下げられた時に、なんで謝ったのか尋ねるとなんの答えもありませんでした。。。

その場を早く収めることしか考えていないこのようなケースは自分の困難を早く終わらせたいただの自分勝手な対応になってしまいます。こんなことをしていると火に油です。

ご指摘も不満も不快さもそこに至る経緯があるのです。その場を早く収める気持ちよりもお客様に寄り添う気持ちでその経緯をしっかり把握すること、その上で原因と思われることに対して謝罪をすることが重要ですね。

起こった問題はその問題以上に大きく受け止めることが重要です。

小さな問題を小さいままで対処するのではなく大きな問題として捉えることが誠意ある謝罪をするための入り口です。

謝ることにはいつもその意味がなければならないこと。

何か問題が起こった時は是非思い出してください。

 

小さなトラブルまで安心サポートする医療コンサルティングのウイズメディカルサービス

で御相談対応してきた事例紹介

施術後に痛みが増したケース

施術後に骨折が発覚したケース

針治療後に肺に穴が空いたケース

お客様の持ち物が紛失したケース

お客さまが胸を触られたというケース

お客様へのストーカー行為が発覚したケース 

などなど

それはそれは人と人とが関わるお仕事にはほんといろいろな問題が起こってしまいますね〜

 

こんな窮地にあなたはどう対処しますか?

あなたの本性が現れやすい窮地です。

どんな小さな問題でも今まで気づきあげたものを全て失う可能性があります。

また、そんな窮地で多くのものを手に入れるキッカケになることもあります。

 

私たちウイズメディカルサービスはウィズなサービスで地域ナンバー1をサポートします。

 

 


株式会社ウィズメディカルサービス
公式HP https://with-medical-service.jp/
FACEBOOK 公式FACEBOOKページ
電話 0725-92-6222 FAX 0723-44-5456

携帯 090-2044-2777(担当・澤尾)
mail whizu1101@gmail.com

 


最新記事からまとめ読みする


医療系のインスタグラムの活用について


医療系ホームページ作成・集客専門コンサルタント/株式会社ウィズメディカルサービス/クリニックでも意外と集客できちゃうインスタグラム

 

ハッシュタグ インスタグラム 集客 情報発信 株式会社ウィズメディカルサービス 医療コンサルタント会社 大阪

 

目次

インスタグラムの利用者数

インスタグラムのアカウントの種類

医療業界のインスタグラム

インスタグラムでできる経営術

インスタグラムを取入れる効果

支払い続ける広告から作り上げていく広告へ

 

 

インスタグラムの利用者数

個人的な使用率が非常に高い写真共有アプリケーション「インスタグラム」通称「インスタ」。

その利用者は2015年ではFacebookの方が多かったが、2018年にはFacebookを抜き、約2800万人の人が利用しています。

そして中には利用はしていないという方も多いとは思いますが、「知っている」方が大半かと。

今でも年々増加傾向にあります。

 

 

インスタグラムのアカウントの種類

インスタグラムは個人のアカウント以外にもビジネスにおけるアカウントも作ることができ、非常に管理がしやすいのが特徴的です。

 

「ハッシュタグ=#」をキーワードの最初につけることでハッシュタグによる検索ができるため、写真による情報がほしいときはそういった検索の活用される方も多いです。

意外とこの検索方法のことを知らい方がいらっしゃったり。。。

 

インスタではインスタグラマーと呼ばれるたくさんの フォロワーを持っている人がいます。インスタグラマーは自分自身の投稿による宣伝広告費として副業、または本業としている方もおられます。

 

ビジネスでの利用は美容院、飲食店での活用が多いのではないでしょうか?

写真を通して興味や関心、またはその投稿を見ている人に何らかの影響を与えたいことが見える投稿など手の込んだ投稿も見受けられますね。

 

 

医療業界のインスタグラム

医療関係における病院、クリニック、歯科医院、皮膚科、整形外科、整骨院、リラクゼーションに至るまで、ページは作ったもののフォロー数、フォロワー数が伸びないままで放置されているようなものがとても目につきます。

 

インスタグラムはお金をかけずに新規の集客をすることができるツールとしてその活用をお勧めしています。

インスタグラムは、必要最低限のフォロワー数とそのフォロワーの中身によっては十分にホットペッパーなどのキャンペーンサイトのそれに代わるツールにもなりうると考えています。

 

 

インスタグラムでできる経営術

インスタを活用してできることは大きく分けると2つです。

集客

 

ブランディング

 

 

そしてその2つを成果として表すために必要なことは6つです。

効果的な投稿の仕方

投稿の頻度について

フォロワーの増やし

インサイトにおける分析の仕方

コメントに対する返答

人気投稿の作成ポイン

 

 

あなたの院はどれだけのことをおさえて取り組んでいるでしょうか?

 

無料にもかかわらず活用の仕方が満載ですね。

 

 

インスタグラムを取入れる効果

たった一人でもそれを見てお客さんが来てくれたら0円プラス手間だけで売り上げアップです。

手間と捉えずに、どこの職場にでもある隙間時間を活用するだけです。

 

そしてこれを取り入れる効果は

店舗みんなで取り組むことのよって自然と「チームビルディング」ができることです。

現場では同じこと、というよりは比較的役割分担された業務をしていることが多いのではないでしょうか?しかし、誰もが持っているスマホでみんなで取り組む作業を各店舗の業務に加えることでチームとしての組織が強くなるとしたら。。。

 

インスタを使って集客だけの効果ではなく、スタッフ同士のチーム力が生まれるなんて、素敵なことですね。

実際に、インスタグラムのサポートに入らせて頂いたクライアント様では、それまでになかった会話が増え、目標に向かってチーム皆で取り組まれているようです。

 

 

支払い続ける広告から作り上げていく広告へ

しっかりと指導を受けながら活用できるようになるまでのサポート6か月コンサルや1DAY店舗インスタ研修などのご要望が増えてきています。

 

広告費は運営を続けていく中でも必ず必要になる重要経費です。ですが、その必要経費も使わなくていい所に使い込んでしまって、損をしながら運営されている院がとても多いです。

 

インスタグラムは誰もが知ってる「無料アプリ」。

ビジネスモードに変更したって、費用は加算されません。そんなインスタ集客法を一度マスターしてしまえば、その後のフォロワー増加術も身に付き、サポートなしで勝手に集客できるアカウントに育てることが可能なのです。

 

インスタグラムサポートは現在大変人気のサポートです☆

お問い合わせはお電話は繋がらない場合もございますので、メールで一度お問合せください。

 

繁盛整骨院のお手伝い

株式会社ウイズメディカルサービス

 

 


株式会社ウィズメディカルサービス
公式HP https://with-medical-service.jp/
FACEBOOK 公式FACEBOOKページ
電話 0725-92-6222 FAX 0723-44-5456

携帯 090-2044-2777(担当・澤尾)
mail whizu1101@gmail.com

 


最新記事からまとめ読みする


自宅兼店舗における整骨院・鍼灸院開業の落とし穴


医療系ホームページ作成・集客専門コンサルタント

株式会社ウィズメディカルサービス/整骨院を開業する時に必要なポイントをお教えします

 

夢にまで見た自分のお城となる院の開業。

長い3年間の勉強を経てようやく掴むことのできる自分の城。

学校を卒業してからすぐに開業。。。ではなく、一度店舗で実務を修行されてから開院される方の方が多いのではないでしょうか。

 

店舗を構えるには、立地・坪数・駐車場があるか、ないかなど今後の売上を大きく左右する重要ポイントが沢山ありますね。特に【立地】に関してはとてもとても重要度が高いですね。

 

そんなことをあまり分析もせず、ただ開業したいエリアに空き店舗があったから。自宅の○○が空いているからここを使って開業をしよう!

 

なんて、甘い考えをお持ちの先生はいらっしゃいませんか?

何も考えずに開業する店舗を決めてしまうと後々とても後悔することになります。

 

そんな開業を目指す柔道整復師・鍼灸師の皆さん。このブログは必ず読んでから店舗を構えましょう!!

 

目次

整骨院・鍼灸院が開業するときの間違った考え方

自宅兼店舗開業の問題点

まとめ

 

 

整骨院・鍼灸院が開業するときの間違った考え方

さあ待ちに待った開業準備!場所はどこにしようかなぁ~♪

 

『テナントと自宅の両方を借りたら固定費がもったいないなぁ。。。それならその両方の家賃を自宅兼店舗のローンに置き換えたら固定費が下がるじゃん~!』

 

『住宅ローンとの組み合わせでうまく融資をからめれるので自宅兼店舗の形で開業すればいいんじゃないだろうか?』

 

『賃貸で家賃を払い続けてもいつまでたっても自分のものにならないから物件購入前提での開業にしよう!』

 

どれだけポジティブにしかも無計画に開業しようとしているのでしょうか?

その危険性に全く気付いていない方の考え方です

 

それとも自分自身によっぽどの自信でもある方なのでしょうか。。。?

そんな風に受けとってしまいます。。。

 

もし今現在、自宅兼店舗で開業している人からすると

「何をいうてるんや~そんなことないよ!」

っと、おしかりを受けてしまうかもしれません。

 

ですが実際に自宅兼店舗で開業されている方で、一日の来院数が30人を超える店舗なんて聞いたことがありません。

自宅兼店舗で患者さんを多く集めて成功しているとしたらそれは紛れもなく「人柄」「技術力」の両方を持ち合わせ、そして素晴らしいマーケティングをされた結果でしょう!

 

そんな方に対するお話ではありません。

そんな素晴らしい人は残念ながら滅多にいないのが現状。。。なのでこのお話をさせて頂いております。

 

 

自宅兼店舗開業の問題点

自宅を店舗として開業をお考えの先生は、きっとその問題点を知らないだけなのでしょう。

そんな危険が潜んでいる自宅兼店舗開業の問題点を見ていきましょう。

 

問題点1

購入した物件で何らかの事故があった場合は?

 

治療事故を起こしてしまい経営が悪化。その結果院を閉めざるをえない状況になったとしましょう。

 

その時、この自宅兼店舗はどうなるでしょう?

場所を変えて心機一転に頑張ろう!と、場所だけを変えるのでしょうか?

事故があった自宅兼店舗をその後だれか買いたいと言われる方は現れるでしょうか?

 

答えは簡単。。。「現れません。」

 

しかも不特定多数の人が出入りしていた物件。購入したいと思う方はまずいないでしょう。

 

たまに商売を検討する人がうまくいかなかったお店を買い取りすることもありますが、その場合は非常に立地が良いからです。

 

問題点はここ。

「事故物件の次の買い手はいない」

 

問題点2

自宅兼店舗営業をして、万が一運営がうまくいかなかったら?

 

立地が悪かったんだ!と考え、自宅兼店舗をすぐに売りに。

はたして上手くいくでしょうか。。。?

 

治療院が流行ってなければ近隣における良いうわさなどあるはずもなく、残念ながら買う人はなかなか現れないでしょう。そして、買う人がいないなら賃貸だ!と考えを変えてみても、買い手がいないからと言って借りる人がいるでしょうか?

 

夢のマイホームを買いたい・借りたいと思っている人がこの物件を買いたいと思うはずもありません。

 

少なからずとも人の出入りが沢山あったのですから防犯上でも買いたいと思いもしませんね。

 

そう、問題点はここ。

自分のものになるからと言っても必要のない固定資産税、人の出入りがあることによる住宅としての摩耗度合い、物件購入(あらゆる不動産)における出口戦略のない投資。

 

そんな沢山の観点から「自宅兼店舗開業」はしてはいけないことがいえます。

 

 

まとめ

たまたまうまく患者さんを集めることができたとしてもそんな良い市場は他のライバルが放っておくはずがありません。

 

周辺に同業が2店舗でもできればあっという間に患者さんが減ることも予想できますよね。

 

ぜひ、思いとどまってもらいたいと思うのですがもちろん決めるのはあなた自身!

 

せめて改めて徹底した市場調査をしてみませんか?

 

仕事は健康で若ければ自分が病気になることも交通事故にあうかもしれないことも何も想像もできないものです。

 

医療機器や住宅のリースやローンがもしも自分に何か起こって仕事ができなくなったらどれくらいの間やりこなせることができるでしょう?

意外にも考えてもみない人が多いように思います。

偶然、このブログを読まれたかたはせっかくなんで考える機会にしてみてください。

 

 

 


株式会社ウィズメディカルサービス
公式HP https://with-medical-service.jp/
FACEBOOK 公式FACEBOOKページ
電話 0725-92-6222 FAX 0723-44-5456

携帯 090-2044-2777(担当・澤尾)
mail whizu1101@gmail.com

 


最新記事からまとめ読みする




顧客満足経営! 収益の安定化!

 医療系企業は、一度ご来院頂いた患者様に「ダメ」の烙印を押されてしまっては、2度と振り向いて頂けない、とてもシビアなビジネスです。
 ご来院時はもちろん、その後のフォロー体制まで含めた見直しによって、選んで頂ける医院、口コミ・評価の高い企業作りを私達と一緒に目指しましょう!


お問い合わせはこちら


整骨院・接骨院・鍼灸院 | 株式会社ウィズメディカルサービス
インスタグラム戦略・集客・集患・採用 大阪
WEB集患 ホームページ制作 大阪
クリニック・病院 ホームページ制作 成功事例 大阪
整骨院・整体 ホームページ制作 成功事例 大阪

整骨院・接骨院・鍼灸院 | 株式会社ウィズメディカルサービス

株式会社ウィズメディカルサービス 医療コンサルタント 大阪 お役立ち情報ブログ


クリニック・コンサルティングBLOG
患者様の声から変える・医療コンサルタ/株式会社ウィズメディカルサービス

クリニック・病院
コンサルティング

患者様の声から変える・医療コンサルタント

医療系ホームページ作成・集客専門コンサルタント 株式会社ウィズメデ...

Google検索 インターネット Web 集客 基礎知識 株式会社ウィズメディカルサービス 医療コンサルタント会社 大阪

クリニック・病院
コンサルティング

クリニックの為のホームページ集客のコツ

  クリニックやその他の医療業界も今やインターネット...

ブランディング 相談 株式会社ウィズメディカルサービス 医療コンサルタント会社 大阪

クリニック・病院
コンサルティング

ブランディングと集客のできるクリニックのホ

医療系ホームページ作成・集客専門コンサルタント会社 株式会社ウィズ...

ハッシュタグ インスタグラム 集客 情報発信 株式会社ウィズメディカルサービス 医療コンサルタント会社 大阪

クリニック・病院
コンサルティング

医療系のインスタグラムの活用について

医療系ホームページ作成・集客専門コンサルタント/株式会社ウィズメディ...



歯科医院コンサルティングBLOG
歯科医院必見集客術|ホームページ運営/株式会社ウィズメディカルサービス

歯科医院
コンサルティング

歯科医院必見集客術|ホームページ運営とは

集客専門コンサルタント 株式会社ウィズメディカルサービス|Web集...

歯科医院のホームページ作成/制作費を/株式会社ウィズメディカルサービス

歯科医院
コンサルティング

歯科医院のホームページ作成/制作費をきちん

集客専門コンサルタント 株式会社ウィズメディカルサービス/失敗しな...

歯科医院集客・成功・失敗の明暗の鍵は/株式会社ウィズメディカルサービス

歯科医院
コンサルティング

歯科医院集客・成功・失敗の明暗の鍵は

集客専門コンサルタント 株式会社ウィズメディカルサービス/歯科医院...

大人気!Instagram集客1da/株式会社ウィズメディカルサービス

歯科医院
コンサルティング

大人気!Instagram集客1dayサポ

集客専門コンサルタント 株式会社ウィズメディカルサービス 大人気...



整骨院・接骨院・鍼灸院向けBLOG
整骨院の今後生き残っていく院と消えて/株式会社ウィズメディカルサービス

整骨院・接骨院・鍼灸院
コンサルティング

整骨院の今後生き残っていく院と消えていく院

医療系ホームページ作成・集客専門コンサルタント 株式会社ウィズメデ...

MEO マップ検索 急上昇 株式会社ウィズメディカルサービス 医療コンサルタント会社 大阪

整骨院・接骨院・鍼灸院
コンサルティング

MEO&SEOでクライアント様喜びの声

今日はクライアント様の喜びの声をあげさせてもらいます。  ...

治療院 クレーム 相談 株式会社ウィズメディカルサービス 医療コンサルタント会社 大阪

整骨院・接骨院・鍼灸院
コンサルティング

整骨院・鍼灸院で起こってしまうクレーム対応

医療系ホームページ作成・集客専門コンサルタント   株...

ハッシュタグ インスタグラム 集客 情報発信 株式会社ウィズメディカルサービス 医療コンサルタント会社 大阪

整骨院・接骨院・鍼灸院
コンサルティング

医療系のインスタグラムの活用について

医療系ホームページ作成・集客専門コンサルタント/株式会社ウィズメディ...


最新記事からまとめ読みする

TOP